債権回収会社からの連絡への対応方

支払催促には異議申し立てが可能です

キャッシングを利用する上で最も大切なことはなんでしょうか?利用する上での注意点は多くありますが、最も大切で基本的な事とは返済することではないでしょうか?これは至極当然のことですし、いくつも行われる審査などの手間は全てこれを保証するためと言っても過言ではありません。とは言っても、返済だけに重点を置いて生活するわけではないので、何らかの事情が生じ故意ではないにしろ返済が遅れてしまうこともあるでしょう。しかし延滞は延滞です。会社側は催促の連絡を入れますし、ハガキが送られてくることも考えられます。

 

ほとんどの人はその段階で返済を済ませると思いますが、利用者全員がそうとは限りません。催促の連絡を無視して踏み倒しを続ける方もいるでしょう。しかし会社側も黙って待っているわけにはいきません。このような場合には債権回収会社という債権回収のプロが動き出します。当然、債権回収を専門としている方達ですので滞納者からの返済を成し遂げるために手段を講じます。サービサーと呼ばれることもありますが、ある程度の厳しい催促は覚悟すべきと言えます。

 

まずはじめに、支払催促申立書を滞納者へと提示します。その名の通り、借金の返済を突き付けるものですが、ここにはそれを拒んだ場合における対応手段も記載されています。それが強制執行、差押えです。聞いたこともあると思いますが、簡単に言うと借金分の私有財産を滞納者から取り上げることです。そしてこの申立書に何らかの反応も示さない場合には、記述文書を受け入れたことになるので、期日までに返済しなければ、当然強制執行が行われてしまいます。回避する手段はありません。そのために異議申し立てをする必要があるのです。

 

異議申し立ての意味は?

異議申し立てをすると話し合いの交渉をすることができ、その場は裁判などで設けられます。異議申し立てをすることで借金がなくなるわけではありませんが、少なくとも強制的な差押えは避けられますし、交渉次第では自分に有利な方へと進めることもできます。具体的には「◯◯までに返済します。」というような交渉になりますが、ここで重要なのが借金の減額を要求することです。そうは言っても「そんなに上手く進まないだろ」と思うかもしれませんが、意外にもこちら側の優勢で交渉は進んでいくです。厳しい催促とは言えま、相手も大手の会社ですのでドラマなどで見るような恐ろしいものではありませんので、要求があるのなら言ってしまいましょう。互いの承諾が済み次第和解成立になります。

 

ここで1つ具体例を出してみましょう。借金の負担を軽減するために債務整理というものが存在しますが、交渉の中で個人再生という方法がもちあがったとします。これは、3〜5年の間に現在の滞納額の1/5の金額を期日までに完済した場合、残りの4/5の支払い義務が抹消されるという方法です。

 

信じられないことかもしれませんが、異議申し立てを行い交渉の進める具合ではこのような方法を取ることも可能なのです。もちろん裁判所のような張り詰めた場所へ足を運ばなくてはいけませんし、会社側からの多少の圧もあるかもしれません。それに債務整理を行えば言わばブラックリストと呼ばれるところに記録が残ってしまいます。けれど返済できなければ何も変わりません。現状を打破するのなら勇気を持って異議申し立てを行いましょう。そして必ず期日通りに返済することです。和解後の不履行はその後の交渉に大きく響きます。

 

改めて生活のことを考える

キャッシングを利用し、その後滞納をしてしまうような方には、きちんとした生活が成り立っていないことが多くあります。交渉を進める上で、その後の生活についても考える必要があります。国には生活福祉資金と呼ばれるものが設けられています。1人暮らしには月15万円、家族世帯には20万円と、国の融資制度を受けることができます。他にもシングルマザーに向けた融資の母子福祉資金や年金担保貸付制度が備えられており、低金利ということもあり無理のない利用をすることができます。

 

また、どうしても仕事のできない状態やお金が無い状態が続いてしまうようならば生活保護についても視野に入れておきましょう。先程も記した通り、借金を返済しないことには何も変わりません。その後の生活のことも十分に思案しながら、借金という重荷を外してしまいましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日