スピード審査が得意なのは消費者金融

借り入れまでのスピードが早い会社

キャッシングは銀行と消費者金融の双方が扱っているサービスです。どちらもオンラインで24時間受け付けていて、審査も早ければ当日中で融資までのスピードが早くなっています。特に、消費者金融は融資に特化した会社ですから、キャッシングまでのスピードは銀行よりも早く行う事ができます。

 

消費者金融は審査が早い

即日キャッシングの審査は、コンピューターを使った自動審査があります。審査のもとになるのは、申し込みの時に記入した個人の情報になりますが、その属性をポイント化した合計点数で評価されるしくみになっています。コンピューターですから、入力すれば瞬時に計算できますので、そこで融資ができるのかどうかだいたいの目安はつくという事になります。ただし、自己申告だけで審査して融資をしてしまうわけにはいきませんので、もちろんスタッフがきちんとした裏付けをとります。

 

まず行われるのが、職場への在籍確認の電話です。消費者金融では、借り入れの条件として安定した収入がある事が条件になっています。ですから、申込者は必ず仕事に就いているはずですので、その職場へ直接電話をかけて確認をするのです。キャッシングの審査は申し込みからほんの30分程度で終了するので、在籍確認の電話が職場に来ても本人が出られない場合もあるかと思いますが、その他の人が対応して、今は席をはずしておりますなどという返答であればそれで大丈夫です。もしも電話での確認が取りにくい仕事であれば、事前に相談をしておけば、他の方法での在籍確認を取る事にしてくれます。多くは収入証明その他会社に在籍している事がわかるものを提示すればいいようになっている事が多いです。

 

すぐにお金が必要なら選ぶべきキャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

消費者金融には総量規制がある

銀行と消費者金融が提供するキャッシングサービスの内容はほとんど同じようなものです。ではその違いは何かといえば法律です。消費者金融では貸金業法という法律に従って運営しなければならず、融資は収入の3分の1までという総量規制と呼ばれる決まりがあります。以前はこの法律がなかったので、返済能力の低い人が多くを借り過ぎてしまい、返済ができなくなってしまう事が頻発していました。

 

ですが、現在ではその頃に払い過ぎた利息も請求すれば返金してもらう事もできますし、そもそも返済能力の無い人には貸し出しができなくなっています。そのため消費者金融業も経営的には以前よりも大変になり、ほとんどの大手消費者金融は銀行とタイアップして営業している状態です。ですから、より多くの優良顧客を得たいため、各社色々と個性を打ち出してサービスを展開しています。消費者金融は自動契約機を多く設置しているので、その利用のしやすさも人気の一つです。

 

銀行でのキャッシング

銀行各社も、同様のキャッシングサービスを提供しています。申し込みも24時間インターネットからできますし、消費者金融と提携しているという事もあって審査のノウハウも近いものがあり、早い所では消費者金融並みの早さで審査結果が出る銀行もあります。金利も消費者金融よりは安いというメリットがありますが、自動契約機がいろいろな所にあるわけではないので早さと利便性では消費者金融の方が勝っているでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日